So-net無料ブログ作成

バムとケロのもりのこや [絵本]

2月15日(火)

いつからか、毎年バレンタインデーに プラスαを期待している我が子たち。
だけど今年は 数日前に本を買ったのでナシ。

やっち君が買ってもらったのは コレ↓

バムとケロのもりのこや

バムとケロのもりのこや

  • 作者: 島田 ゆか
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2011/01
  • メディア: 大型本

 

110213.jpg

 バムケロシリーズ 久々の新刊!
 12年ぶりらしい。

 この前 図書館に行ったらなくって
 しかも 18人も予約が入ってた。
 それはちょっと待てない・・・。

 そんな時、ゴロウ氏とまっは君が
 パソコンに向かって あれじゃない、コレじゃないと
 大量に本を買いそうな勢いだったので
そこに便乗してポチっとしてもらいました。
まっは君がたくさん買ってもらっているのに やっち君なしじゃかわいそうだし~。

夢中で読んでます。やっぱり面白い!

この本は じっくり読まないと。
何回か読んで 細かいところに発見があったりするから
立ち読みじゃすませられない。
まっは君も 「おもしろ!」って 喜んでました。
みんなが大好きです。[黒ハート]



ちなみにまっは君は 野球の本ばっかり 4冊。

桑田真澄 ピッチャーズ バイブル (集英社文庫)

桑田真澄 ピッチャーズ バイブル (集英社文庫)

  • 作者: 石田 雄太
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/09/20
  • メディア: 文庫

一生懸命―木村拓也 決してあなたを忘れない

一生懸命―木村拓也 決してあなたを忘れない

  • 作者: 木村 由美子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 単行本

負けん気

負けん気

  • 作者: 立浪和義
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2010/02/16
  • メディア: 単行本

怪物たちの世代―その時、甲子園が揺れた

怪物たちの世代―その時、甲子園が揺れた

  • 作者: 矢崎 良一
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 単行本

 

全品中古で買いました。
まだ 「負けん気」 しか読み終わってないみたいだけど

「負けん気、すげーおもしろい!」

って ご満悦。
去年、近くのホールに立浪氏がやってきて講演会を聞きに行き その時に
この本を売ってたようなんだけど 講演会の後に見たらもう無くなってしまってたらしく
ずっと 「読みたい!」って言ってた本だったのでした。

好きな本が手に入って良かったねえ、みんな。

ちなみに私も コレ↓ 買ったけど まだひとつも実践してません[あせあせ(飛び散る汗)]

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

  • 作者: タニタ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

きみはほんとうにステキだね [絵本]

いつからか 布団の上で本を読んであげてから寝る という習慣がついてしまっている我が家。

小さい頃からの習慣なら 慣れてるしいいんだろうけど、 ごく最近ついた習慣なので
遅くなってしまった夜とか かなり面倒。
しかもひとり1冊ずつ 2冊読んでるので 喉がからからになってしまうよ。
遅い時に図鑑みたいなの持ってこられると ブチっとなるしね[むかっ(怒り)]

まあ それはおいといて、ある時 まっは君が寝る前の本に選んだのは

「きみはほんとうにステキだね」

まっは君が 学校の図書室で借りてきた本。

きみはほんとうにステキだね (絵本の時間)

きみはほんとうにステキだね (絵本の時間)

  • 作者: 宮西 達也
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 大型本

これ、泣けます。 

「おとうさんはウルトラマン」シリーズを書いた人と同じ人だね、 って絵を見て分かったから
面白いお話かな~ と思ったら、 涙がでました。

いじわるで乱暴者の ティラノサウルスに はじめて友達ができたんだけど 
自分がティラノだということを隠したまま 胸を痛めながら 友情を深めていく。
本当のことを告白するシーンが とっても 泣けます[もうやだ~(悲しい顔)]

読みながら 声がつまりました。

まっは君も泣いてました。

次の日、声に出さないで 自分で読んでみたけど やっぱり涙がでました。
涙もろいのです、私。 まっは君もだけど。                                                                                             

                                                                                                        

                                                                                                              さて、まっは君が 昨日 学校から帰ってきてから 

「どぅ~~~ぅ。 どぅ~~~~ぅ。」

って宇宙生物のような、 へんな声を出してます。

歌を歌いだしたかと思ったら 突然 「どぅ~~~~ぅ。 どぅ~~~~ぅ」 になったり。

「それなんなの?」 と聞くと

「きれいな声の練習。」

え、あれ きれいな声なのか?

「クラスで一番声が大きいから 音楽の時間が終わった時に 先生に呼び止められて居残り練習した」

って。声が大きいのは知っている。 歌を 歌う時もきっと目立ってるのね。
そして、けっこう 
音痴 なの。 目立つよな~[たらーっ(汗)]
みんな つられちゃうんじゃなかろうか。 

そこで 先生に きれいな声の練習を仕込まれたわけね。

多分 裏声みたいのを要求されているのかしら。
でも まっは君は、裏声の出し方が 分らないらしく

「どぅ~~~~ぅ。 どぅ~~~~ぅ」

って 高くはなってるけど かすれ声でなんか 面白い。

ぷ。 って思わずふきだしちゃったら いじけてた。

ごめん、ごめん! 一生懸命練習してるのに!

なんだか 声がかれてるのは 練習のしすぎ? ほどほどにね。 でも がんばれ~!


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

汽車のえほん [絵本]

2週間ごとに図書館に通ってます。

一度借りると返す時にまた借りてくるので、しばらく図書館通いが続きます。

前にもそんな図書館通いが続いてたけど、病気になった時に返却するのみにとどまって
途切れたっけ。
今回はいつまで続くかなあ。

二人とも決まって借りてくるものがあります。

まっは君は「怪傑ゾロリ」。ゾロリってこんなに沢山あるんだ!ってくらい毎回必ず。
学校の図書室でもゾロリ借りてくるからよっぽど好きです。

やっち君は「汽車のえほん」シリーズ。

(2) 機関車トーマス

(2) 機関車トーマス

  • 作者: ウィルバート・オードリー
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2005/03/31
  • メディア: 単行本

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)

ちびっこ機関車パーシー (汽車のえほん)

  • 作者: ウィルバート オードリー
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本


今回借りたのはこの2冊。

これは「きかんしゃトーマス」の原作本です。

今も続いてるテレビシリーズは登場人物も大分増えて、この「汽車のえほん」には出てこない
機関車も多いけど、昔のテレビシリーズで見たことあるお話が書いてあって面白いです。

えほん、といってもトーマス好きの年齢の子供にはヘビーな字の量で、読んであげていても
そのページの半分くらい読んだら

「つぎ」

とめくられてしまうので、読んでるこっちが続きが気になっちゃって、やっち君が寝てる時とかに
ひっそりと読んだりしています。

テレビシリーズで見たことある話だけど、テレビのはなんとなくはしょられてる感じがあって
意味がちょっと分からないなあ、というのもあったけど、この「汽車のえほん」を読んで

「あ~、そういうことか」

と分かったりして。子供は気にしてないみたいだったけど、私がひとりで納得。

それから、テレビシリーズでみているかわいらしい(?)キャラクターの顔に慣れてると

080708-4.JPG こんな顔のトーマスが出てきてびっくりしたり

080708-2.JPG 「ちょっと、渡辺正行に似てない?」と誰かに

伝えたくて、やっち君に言ってみたものの分かるはずもなく[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

 

今日は返却日だったので図書館に行きました。やっぱり「汽車のえほん」借りてきました。

まっは君は、ゾロリ全部読んじゃった、と言っていたけどやっぱりゾロリ借りてました。

 


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

おばけでんしゃ [絵本]

明日で近所の図書館が閉館します。

私がつぶした訳ではありません。←過去記事参照

10月に駅前にパルコができるのですが、そこに図書館が入るのです。
だから今までの図書館は閉館。

貸し出しは最後の日までやってるというので行ってみました。

いつ以来行ってないのだろう。
まっは君は好みの本を自分でせっせと選んでいました。
恐竜、昆虫、クマさんが出てくる可愛らしい絵の本まで。

「こっちよりこっちの方が面白そう」

とか言って、一丁前に選んでる。成長したなあ。自分で絵本選べるなんて。

やっち君は乗り物が好きなので、私が見立ててあげようと棚を物色していると・・・。

おばけでんしゃ

おばけでんしゃ

  • 作者: 内田 麟太郎
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本
 
「おばけでんしゃ」・・・題名にひかれ、中をのぞくと・・・。
字は少ないけど、絵が面白い!
ありとあらゆる、おばけや妖怪が出てきて、ページの隅から隅までお化けを
眺めてるだけで楽しい。
最後の「にんげんえき」には、人に化けて降りるのだけど、
「このお化けがこの人に!」
「あ、このお化けがこの子供だ!」
とか、まっは君とワイワイ読みました。

やっち君は、自分で「世界の特急」という写真の本を選んでました。

CDも本と同じ扱いなので、ウルトラマンのCDを1本、図書9冊、合計10点、
上限ギリギリ借りてきました。重かった~!

その後スーパーに行って、牛乳2本やヨーグルト、ジャガイモ、トマトなど
非常に重いものを買い込んで、自転車の前にやっち、後ろにまっはを乗せて図書10冊。
フラフラとかなり危ない運転。ちょっと風がふいたら転倒するかも。

どうにか無事に帰宅して、今日はすっかり運動した気分でした。

まっは君が選んで借りてきたクワガタの本は、大きい子向けだったみたいで
漢字に仮名はふってなく、字も小さい!
「読んで。漢字読めないから」
っていやだよ~。こんな字の小さい本何時間かかるんだ~。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たなばたプールびらき [絵本]

ベルメゾンのマンスリーシリーズで毎月、ピーマン村の絵本たち一冊ずつ届きます。
今月は・・・。

 
たなばたプールびらき

たなばたプールびらき

  • 作者: 中川 ひろたか, 村上 康成
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 単行本


七夕に、幼稚園の子供達が短冊に願い事を書きます。

「あまのがわでおよぎたい」

それを見た、デート中のおりひめとひこぼしが子供達を天の川に招待してくれました。

まっは君はいつの間にか、自分で読んでいたらしく

「ふふ、次はちょっと裸で恥ずかしいよ」

と教えてくれました。裸っていうか、水着だけど・・・。

 

本と一緒に、頼んでいるのが「30分で焼き菓子」という手作りシリーズ。
今回はブルーベリーマフィンでした。

全て計量済み、カップもついてます。用意するのは卵とバターだけ。
混ぜるだけなので、焼く時間含めてホントに30分で出来上がります。

簡単なのに、手作りだ!といばれる(?)ので、来客時やお土産にちょうどいいのですが
今回でピーマン村の絵本シリーズが全種類揃ったので、マンスリーシリーズは休止の予定。
そもそも、2000円以下だと送料がかかるので、絵本と何かで2000円以上にする為に
頼んでいたもの。これもなかなか魅力的だけどまた2000円以上にしようと思ったら
余計なもの買っちゃいそうだからとりあえず休止。いいのがあったらまた再開します。

 


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

かえってきたカエル [絵本]

毎月1冊ずつ届くピーマン村の絵本シリーズ、今月は・・・

かえってきたカエル

かえってきたカエル

  • 作者: 中川 ひろたか, 村上 康成
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 大型本

幼稚園でカエルを飼うことになりました。その名もみどりちゃん。

緑色だからみどりちゃん。みどりちゃんの為にエサの虫をを探しに行ったり、

いなくなっちゃったみどりちゃんを探したりします。

 

絵本と一緒に届くそばちょこシリーズ、こちらは・・・

  タコ?

青いタコなんだ!と思っていたらお届け明細に「おばけ」って書いてありました。

なるほど、おばけか!なかなかかわいいです。

ちょっと見にくいけど、小さい丸の中におばけが書いてあります。

そばちょこシリーズは今月で終了。全6種、全て揃いました。

ピーマン村の絵本シリーズも、来月で12冊全部揃います。

 

そして今月は、景品も届きました。

  「ザ・ぶーとん」

ブタ型のへろへろクッション(座布団、というにはへろへろすぎます)。

ポケットにはカイロをしのばせられるそうです。

子供たちの間で争奪戦が勃発しました。一瞬。

今はもう忘れられてるみたいですが・・・。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

よーいどん! [絵本]

毎月届く、ピーマン村の絵本たちシリーズ。今月は・・・

よーいどん!

よーいどん!

  • 作者: 中川 ひろたか, 村上 康成
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 大型本

毎月通販でこのシリーズをたのむきっかけになった本なのです。ついにきました!
全12冊中、10冊目にしてついにきました。
運動会のお話です。3、4年前、本屋さんで何気なくこの本を手に取り

「いちについて」

「よーい」

「うどん!」

といって、うどんをつっつく園長先生のおやじギャグ的な始まりかたに吹きだし、
買おうか迷った末、絵本に1300円かけることができず買わなかったのでした(貧乏性です)。
それから本屋で見かけなくなったものの気になっていて、通販でみつけて手をだしたのです。
まっは君もゲラゲラ笑って見てました。

この絵本と一緒に届くのが、そばちょこシリーズ。そばちょこ、薬味皿、箸置きのセットが
毎月1セットずつ届きます。

  今まで届いたもの。

そばちょこサイズなので、子供の飲み物いれるのにちょうどよい大きさで結構気に入ってます。
もちろん、そばちょことしても使ってます。
今回の絵柄は、栗坊主。
かわいい~!と思ったのに、開けて5分でやっち君の餌食に。

本に気をとられて、油断してました。箸置きをそばちょこの中に入れてガチャガチャ!
一瞬の出来事でした・・・


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

おおきくなっるっていうことは [絵本]

今月もピーマン村の絵本たちシリーズが届きました。

今回きたのは・・・

おおきくなるっていうことは

おおきくなるっていうことは

  • 作者: 村上 康成, 中川 ひろたか
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 大型本

「おおきくなるっていうこと」は服が小さくなったり、水に顔が長くつけられるようになることや

自分よりちいさい人が多くなること。そしてちいさいひとにやさしくなれること。

進級、入園にぴったりのお話です。

まっは君に、この絵本を読んであげて

「まっは君も、今年は年長さんだね。新しくちいさい人たちが入園してくるんだから

やさしくしてあげようね」

と言ったら

「はいはい」

と流された!でも何となく、分かっているけど「やさしくする」ってことに

テレがあってそっけない返事をしたようにも感じたけど・・・?

たのむよ、新年長さん!


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

みんなともだち [絵本]

月に一冊、通販で絵本を買っています。
ピーマン村の絵本たちというシリーズで、今回きたのはこれ。

みんなともだち

みんなともだち

  • 作者: 村上 康成, 中川 ひろたか
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 大型本

「みんなともだち」という曲の歌詞にのせて展開する卒園のおはなしです。
この曲の作者が中川ひろたかさんとは知りませんでした!

読んでるうちにちょっぴり涙ぐんでしまいました
来年のまっは君も年長さん。来年の彼の姿が重なったのかしら。
「みんなともだち、ずっとずっとともだち」といえるお友達はできたかしら、など思ったりして。

そういえば去年の3月、愛知から現在の埼玉に引っ越すとき。
幼稚園の年少さんだったまっは君は、クラスの先生やおともだちに

「みーんなともだち、ずっとずっとともだちー!とうきょうへいってもー、ずっとともだちー」

と替え歌を歌ってもらっていました(涙)
実際住んでるのは埼玉ですけど

なんかそんなのもあって、ジーンとくる一冊でした。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。